スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Armored Core 4 & Armored Core 4 for Answer

アーマードコア4、Armored Core 4」
アーマードコア4 for Answer、Armored Core 4 for Answer」

ゲームのお話。
アーマードコアシリーズは、特に自由度が高くやり込みのしがいがあるゲームとして有名。しばらく(据え置き型ゲーム自体も)やっていなかったが、久しぶりに4と、その続編である4 for Answer(主にAC4fAと略される)を購入したのでプレイして、一応コンプリートした。まぁ現在すでに、「」とその続編が出ているので、周回遅れである。「Dark Souls」とかも評判を聞く限りでは面白いのだろうけれど、時間的にそんなにたくさんは出来ないので、シリーズとしての個人的な積み重ねがあるACでもそろそろ次の発表があると嬉しいのだが。

以下続きます↓。



さて、さすがにブランクがあるとはいえ、あれだけやったゲームなので、ただクリアするだけならばさほど難しくは無い。
基本的には腕を磨いて、機体構成を考えればクリアできるので運要素は少ないが、それがあるとちょっと苦労のベクトルが別なので違和感がある。ACシリーズにおいては、機体構成を考えることは、腕を磨くことと共通するものがある。好みの機体を自分で作り上げて戦う。今作ではハイエンド、ローエンドといった区別を少なくしているために、基本的にはどのバランスでも戦えるようにはなっているなど、パーツごとのバランスがそんなに悪くはないので、”どうしてもコレ以外を使う気になれない”ということは少ないかなと。もちろん微妙な差を見ていけば、普通に考えたら選択肢は一つかなと思うことはあるが、さほど気にはならない。

新たに導入されたクイックブーストはとても良いと思う。ただまぁやりすぎるともう動きが追えなくなるので、弾速とのゲームバランスについては明確な理想的な設定は導入されていなかったかなと。ただ機能としては面白いので、そういうゲームだと思えばまったく問題なく楽しめる

難易度はシリーズを通してみれば決して高くはないだろうけれど、これに関しては一応シリーズ経験者なのでアテにならない。一部のミッションはSランクを取るにはかなり難しい。「3」などよりは確実に難しいだろう。もしはじめてのACであった場合には、倍の時間がかかったと思うし、放り投げてもおかしくはないかもしれない。いくつかのミッションは「毎回必ずSランクを取る」は確実に不可能で、そうなると「最高に調子(と運)がいい時になんとかSランクを取れる」くらい難易度も存在する。


ストーリーは基本的にあってないようなもの……に見えて、これが意外と楽しい。ACシリーズの伝統で、キャラクターの外面的イメージは無く、声だけでストーリーが進む。絵はまるで無いし、明らかにされるストーリーは非常に断片的ではあるけれど、想像の余地が絶妙で、毎度毎度ながら終わった後に考えるのが楽しいのだ(まぁただ単に意味ありげって言ってしまえば/以下略)。その分、他人の考察ネタを見ていると、自分の考えていたことと相まって延々とくすくす笑えるのがストレス解消になる(変な趣味だ)。

そういった細切れのストーリーを本気で楽しめるのは、シナリオを支えるキャストにあり、彼らの演技も安定していて、鬼気迫るものがある。それもただ有名人を選ぶだけでなく、その昔「AC2」では声優としては当時はまだ有名ではなかった小山力也を見出していた(名演!)あたり、意外とかなり考えて配役しているのではないかと思う。それでいて声優の存在感が前に出過ぎるということもない。
今作も、4では坂本真綾中田譲治
fAでは、諏訪部順一田中敦子速水奨伊藤美紀といった実力派が(いい意味で)淡々と演技している。特に速水奨はシリーズのファンにとっては嬉しいチョイスだっただろう。
それから坂本真綾は、個人的には必ずしもファンというわけではないが、それだけに特にひいき目もなく評価すれば、非常にいい存在感だったなと思う。彼女のスタイルによく似合うキャラクターだった
無機質さが売りと思われがちなACでキャラクターの存在感が増していることには賛否両論があろうが、昔から結構そういう想像の楽しさはあったと思うので、路線としてはそんなに変わっていないのかなと。


ACでは敵の使っている機体もデータを得てロードすることによって再現することが出来る。
もちろんAIの機動までは再現できないが、そのまま敵の機体でプレイするのは楽しい。…が、まったく同じ機体でAIに負けると悔しい(慣れれば一対一で負けることはそんなに無いとは思うけれど)。時々ほんとうにワケがわからない機体構成のものがあるので、自分の思考がこりかたまっている時には新鮮である。
個人的にはスナイパーライフルをメインに構築するけれども、オンライン対人だったら別になるだろうなと。ただ勝つだけであればアサルトライフルを両腕に装備すれば一対一では大体問題ない。今作ではほとんどミサイルを使わなかったし、僕はもともとミサイルを積まないスタイルなので、ミサイルの比較などは今後のやり込みの課題かな。時間があればだが。
出来るならプロトタイプネクストも操ってみたかったな。


今作ではゲームスピードがかなり速いので、好みはあるだろうし、そもそもゲーム(文化全体としてのそれ)自体に慣れていないとかなり厳しいとは思うので、多くの人に勧められるゲームではないのかと思うが、僕としては久しぶりのACをとても楽しくプレイした。僕自身は決してゲーマーではないけれども、やはりフロムとアトラスは僕にとって特別なのだ。


攻略や考察については他のサイトのような器用なことは出来ないので、全部やることはないと思うが、一応、自分で気付いたことくらいは別のエントリーでいずれ書こうと思う。

特に難しかったのは、4では
「DESTRUCT ALL -殲滅-(倉庫内部掃討)」のハードモードは大型ミサイルが辛い…。ダメージ、時間、弾薬費、どれも辛い。これを一番数多くやることになった…。そういう人は多いと思う。
「INVISIBLE MARKSMAN -不可視の射手-(貯水施設再々確保)」確かこれも何度かやり直した。敵は弱いのだが、避けにくいのでダメージが溜まる…ような。
「DEFENSE LINE -防衛線-(橋梁占拠部隊排除)」サー・マウロスクを倒すためのアセンを考えると結構悩んだ。
「SEA OF BLOOD -鮮血の海-(シェリング撃破)」重量級+軽量級で二対一はまともにやりあうとかなり辛い。

fAでは、
「不明ネクスト+ノーカウント撃破」のハードモード僚機無しでは結構難しい。開幕スナイプとかを無しにしたらかなり上級者向けではないか。
「未確認AF撃破」も難しいといえば難しいが、距離を保ちつつスナイプすればなんとかなる。焦らないことが大事。
「第8艦隊撃破」は味方のはずのスティグロさえいなければ楽なのに…という猛烈なストレスが…。これが一番毛根に悪かった。
「サイレント・アバランチ撃破」増援の二機はまともにやりあうと結構辛い(こういうコメントばかりだ)。
「AFアンサラー撃破」は慣れれば意外と簡単。しかも倒し方のバリエーションもあるので、一撃離脱や遠距離ロケット、アサルトアーマー、ちまちま削り等々、結構楽しめる。ただ下から撃ちこむとかなり辛い。
「アルテリア・カーパルス占拠」あくまで特別編。まともにやって勝てればイレギュラー間違いなし。僕には難しい…。僚機を生存させながら勝てれば凄いなぁ。

全体的には、fAのAC戦はかなり簡単だったが、それに比べて4ではミッションをこなしながらの戦闘が多いからだろう。フェルミとMT多数を倒すアセンでサー・マウロスクを相手にするのは結構勉強になる。ただ台詞が腹立たしいのであまり数多くやるのは胃によろしくないが。


しかしACfAでのホワイトグリントは……悲しかったなぁ……。
この無情さもまたACなのか。
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 00:00 ] Game | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/83-cc8251ba









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。