スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Steve Morseの動画をいくつか。

三連続でのSteve Morseネタですが、今夜はネット上のリンクを紹介するにとどまりますのでご了承くださいませ。
二つとも英語の動画ですが、雰囲気は分かります。特に最初の映像は、手元が映っているので貴重なものになると思います(まぁ昔の教則ビデオが今でも彼のスタイルを理解するのには一番有用かとは思いますが)。
一つは、Steveのピッキングスタイルを解析すべく、ハイスピードカメラで手元を撮影したもので、もう一つは、Premier Guitarというアメリカの雑誌からのインタビューで現在の機材類を紹介しています。




Steve Morse Lesson: Arpeggio Picking (The Steve Morse Interview, Chapter 6)
https://www.youtube.com/watch?v=FLiSyhmJaik


この人はチームでこういったレクチャー動画をつくっているようですね。
他にはAlbert LeeやEric Johnsonを同じようなスタイルで分析する動画をあげているようです。

さて、改めてSteveの無駄の無いピッキングを理解することができます。
実を言うと、長年のファンは既に気付いているかとは思いますが、2010年代になってから、Steveの右手はさすがに衰えを隠せないんですね。特に一弦、二弦をからめた高速ピッキングの時の手首を固定した弾き方は音色、正確さにかなり強い影響を与えています。元々左利きのSteveは今でもワイドチョーキングなどのパワフルなプレイをこなすことが出来ますが、ライブでは多くの場合右手を温存した弾き方をしています。そのあたりはちょっとマイナスの話ですので、気が向いたら率直な気持ちを書こうかなぁくらいの後ろ向きな予定です。
そういう流れがあった中でもこういう動画で、ある程度は昔のような手首を使ったアルペジオピッキングを確認できたのは収穫かなと思っています。


もう一つは、Premier Guitarというアメリカの雑誌のインタビューです。
http://www.premierguitar.com/articles/22983-rig-rundown-deep-purples-steve-morse

https://www.youtube.com/watch?v=_NLnBlaxldo


記事の方には現在の機材写真も写っていますので、参考になりそうです。最近は、TC Electronicのエフェクターを多く使っていますが、ここでもそれが伺えます。一つ前のエントリで、キャビネットを横に倒していることを書きましたが、このENGLのキャビネットも同じく横倒しですね。

同じくTCからの新製品、Spark Mini Boosterをテストしている動画が一年ほど前に上がっていて、ライブでもそれを使っていたようですが、テストが終わったら引き上げてしまったんでしょうか…(笑)。
http://www.tcgroup-japan.com/TCE/Guitar/SparkMini/

https://www.youtube.com/watch?v=Cu9L6BcsPrQ



最後に、Eric Johnsonと、Albert Leeのレッスン動画をオマケに記録しておきます。

Eric Johnson Lesson: Cracking the Code, Season 2 Episode 3: "Eric the Right"
https://www.youtube.com/watch?v=fETQ-DecOyM


Albert Lee Lesson: The Country Curve (The Albert Lee Interview, Chapters 3-5)
https://www.youtube.com/watch?v=lAX9_UoCyYw



本日は以上です。
До свидания.
スポンサーサイト
[ 2015/08/29 23:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/79-98fcc5b8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。