スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[海外記事アーカイブ] 「ロックスターがマンチェスター(米)を訪れる」の抄訳。

一月ほど前のアメリカの記事で、Steve Morseのネタとしては全然大した内容ではないんですけれど(僕自身やる気が少な目でした/笑)、アーカイブの一環として(?)、抄訳をここに残しておきます。一瞬戸惑ったんですけれど、このマンチェスターは、アメリカ北西部のマンチェスターのことですね。
まぁ強いて言うなれば、Comfort Zoneから抜け出すような練習を行わないと意味が無いよ、と語っているところがポイントでしょうか。Down-to-earthな人格であることも強調されています。
記事の写真で取り上げられている高校生の少年が使っているギターは、Musicmanのヘッドのようですが、自前でしょうか。もし本人のギターを借りられたら幸せでしょうが、Ernie Ballもイベントに絡んでいるようですので、そちらの貸し出しかもしれません。スティーブは自分の古いブルーバーストを使っていますね。貴重なギターですが、クリニックにも出してくれて参加者はいい記念になったことでしょう。

原文・元記事はこちらになります。例によって英語力には自信がありませんので、参考程度にして下さい。
http://www.courant.com/community/hc-ugc-article-rock-star-visits-manchester-2015-08-05-story.html

(写真のキャプション)Deep Purpleのリードギタリスト、Steve Morseがマンチェスター高校のJake Faccin君にテクニックのアドバイスを贈る。最近行われたBeller's Musicの無料ギター講座にて。

(↓以下本文)
ダウンタウン・マンチェスターでロックスターを見る機会とはどういうものだろう?世界的に知られるギタリスト、Steve Morseに会うというのはどんなものだろう?7月27日、月曜の夕方、Beller's Musicにて70人の熱狂的ファンがそれを体験した。
Deep Purple、Steve Morse Band、Dixie DregsのリードギタリストであるSteve Morseは、そのツアーの最中に地元の楽器屋でギター講座を行なった。

モーズは、若い青年、初心者、経験豊富なプレイヤー、教師、ファン、そして古参のファンたちを、気楽な話と良い演奏のための助言をちりばめつつデモ演奏で楽しませた。そして聴衆からの志願者はステージ上に招かれ、この偉大な―ギター・プレイヤー・マガジン誌のベスト・オーバーオール・ギタリスト賞に五年連続で輝いた―ギタリストと共演した。モーズは、気を吐く四人、一人一人へ激励の言葉をかけながら助言と指導を行った。アンドリュー・サントス、ジョシュ・アルビノ、MHSの生徒であるジェイク・フェイシン、クラシックギタリストのニック・カトロネオの四人だ。サントスは驚きと共に言った。「本当に素晴らしかった!こんなに偉大な人から指導を受けるなんて大きな経験ですよ。地元でこういう機会を持てたというのもいいことですしね」

モーズが推奨したのは、演奏家は練習時間の九割を今の全力でこなし、そしてそれからもう少しキツく、もしくは早く、今まで通りのぬるま湯から抜け出すことに一割を使うということだった。彼はミュージシャン達に、キツい練習を行うにも演奏することの喜びを見いだせれば楽しくなると伝えた。そして参加者からの質問に答えて、練習上のアドバイスだけでなく技術上の専門意見も解説した。Beller's Musicでギターレッスンを受講している、退職した巡査のデイヴ・エヴァンスは、「ワールドクラスのギタリストで、とても親しみやすい、そんな人と間近で接せられて良かったよ」

このイベントは街の広報によって知らされた。市長のジェイ・モーランは、自身の誕生日と結婚記念日の前に出席することになったモーズと彼の妻、ジャニーヌに表彰状を贈った。モーズは、こういうのが欲しかったのだと述べながら、波のように広がる笑いを引き起こしたその文書を丁寧に受け取った。

モーズは、その非常に複雑な和声と、ファンク、ハードロック、古典的なスタイルを高度にまとめあげた作品で知られている。数多くのバンドと、ソロ活動のなかで、モーズは47ものアルバムをリリースしてきた。彼は50年間ギターを演奏して驚くべき成功を収めてきたのだが、まだ39歳だよと冗談を言った。

今回、前述の伝統あるチーニー・ホールで行われたセミナーと合わせて、スティーブ・モーズの三度目のマンチェスター訪問となる。
(中略、Musicmanがスポンサーをしているという事が書かれている)

セミナーの終わりに、モーズは急かすことなくサインをし、参加者たち――このレジェンドと会い、握手をし、話をすることを心待ちにしていた――と写真を撮った。モーズとディープ・パープルは今週の後半にフォックスウッズで、その後NYとナッシュビルで公演を行った。
スポンサーサイト
[ 2015/08/28 00:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/77-40260d26









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。