スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Queensryche 2009 Live Tour in Japan[2009/8/22]

プログレッシブロック界の巨星Queensryche。American Soldierに伴うJapanツアーのレポート。
[Progressive Rock][Prog-Rock][Rock][Live Report]
Queensryche 2009 Live Tour in Japan


日付"2009/8/22(土)"
場所"渋谷O-East"
客入り"ちょっと寂しい……!500人いなかったような…。O-Eastなのに…"
演奏"完璧!この客入りでは勿体無い!"



★ポイント
演奏ヨシ。音ヨシ。選曲も結構ヨシ。
Geoff Tateがちょっと痩せて、パフォーマンスにも元気さが戻ってきたのが嬉しい。
新ギタリストのParker Lundgrenも悪くは無い仕事をこなしていました。
American Soldierは十分に傑作だと思うので、もう少し多く選曲して欲しかったとは感じます。
全体的には非常に良質な、そしてコレくらいのレベルをいつもやっているんだと思わせる、素晴らしいものでした。



★雑感
HR/HM界のみならず、音楽史上に残るであろう名作Operation Mindcrimeの続編である、
Operation Mindcrime2をリリースした後、企画モノではありますが、Take Coverというカバーアルバムをリリース。
久々に波に乗り始めたQueensrycheが、2009年に発表したコンセプトアルバムがAmerican Soldierです。
楽曲、演奏、アレンジ、全てにおいて久々の快作と呼べると思います。

それに伴うツアーでは、Rage For Order、American Soldier、Empireの三作から
アルバムごとに区切りを入れて選曲する事になりました。
Rage For Orderは、Operation Mindcrimeよりも好きな人がいる作品で、
個人的には、初めは難解でしたが今では傑作中の傑作と感じています。
Empireは、アメリカで大ヒットしたアルバム。
商業的にもバンドの代表作であり、精神性とポップさが絶妙に同居した、
コアなファンからも大人気の一枚です。
初めてQueensrycheを聴く方は、Operation Mindcrimeか、Empireをお勧め致します。

アメリカのツアーでは、American Soldierからの楽曲も結構大目にプレイしていたみたいですが、
日本ツアーでは残念ながら少なめでした…。
サポートメンバーのキーボード兼サイドギターのプレイヤーはいませんでしたし、
全体的にお金のかからないセットでした…(笑)
今はEddieしかコーラスを取らないので、ブートで見ている限り、
サポートメンバーの人がいてくれるのは嬉しかったんですよね~…。

とは言え、小さなライブハウスであろうとも、客の入りが悪かろうと、
一切手を抜かない演奏には多くの観客が感動した事でしょう。
今時Queensrycheのライブを見に行く人であれば、少数精鋭と言っても過言ではありません^^;
新しい2ndギタリストの、Parkerは、Geoffの娘婿という情報が。
二の腕をしっかり鍛えているところをみると、さすがGeoffの…という気持ちが致します(笑)
Geoffもまた鍛え出したみたいですし、安心です。
やはり痩せている方が、クルクル回ったり、ジャンプしてくれたり、見ていても嬉しいですし。
The Art Of Liveの頃が一番お太り気味で御座いましたが…。
スキンヘッドは気にしませんが、ちょっとね…。

特筆すべきところは、Geoff Tateの歌唱力は未だに圧倒的でした!
初めて生で見たのです…。感動せずにはいられましょうか…。
一曲目がNeue Regalです。
コレはまさにQueensryche最高の一曲とも言って良い名曲中の名曲で、
イントロからしてゾクゾク……。
上手からGeoffが出てきた時は、既に我を忘れておりました…。
しかもこの曲、オフィシャルライブでは出ていない曲なのですよね。
このツアーがDVDかされないかなぁ、って思う理由はこの曲にあるのです。

MCが英語で(当たり前ですが)、しかも地声はバリトンなので低い声で、結構長々と話し込んだり、
余り外国のファンに優しいとは言えなさそうでしたが、真面目な人なんだろうなと思いました。

僕は歌詞は全部覚えていますが、取っつきにくいと言われるQueensrycheの中でも、
ライブ向きの曲がいくつかありまして、そういう曲は皆で大合唱が起きていましたね。
しかし、One & Onlyはあれほど盛り上がる曲だったのか?という疑問も少々^^;
楽しかったから良かったのですが(笑)

Thin Lineでは、Geoffがサックスを吹いていました!カッコいい~!

後、Rage For Orderの一部の曲の歌は、さすがにそろそろキツいかな、という気もしましたが、
それも今冷静になって思い返せばこそ、当日はバンドが発する熱気で気になりませんでした。
それにGeoffはフェイクも巧いですしね。


何だかGeoff Tateの事ばかり書いているような気もしますが、
バンドメンバーは皆好きですし、皆とても巧かった!
ライブであれだけの安定感は、やはり百戦錬磨の天才、そして職人集団という気がします。
ほとんどミスは無いように聞こえました。


★Set List

RAGE FOR ORDER
Neue Regal
Whisper
Screaming In Digital
Infra Red
Walk In The Shadows
I Will Remember

AMERICAN SOLDIER
Sliver
Killer
If I Were King
Man Down

EMPIRE
Best I Can
Thin Line
One & Only
Silent Lucidity
Jet City Woman
Anybody Listening
Empire


★その他
>QUEENSRYCHE ジャパン・ツアーがスタート!! | CREATIVEMAN PRODUCTIONS
http://www.creativeman.co.jp/blog/2053/
スポンサーサイト
[ 2009/09/01 00:00 ] Live Reports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/7-a64c539f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。