スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Michael Lee Firkins - Cactus Cruz (1996)

Artist : Michael Lee Firkins
Album : Cactus Cruz
Artist Memo : Shrapnelからデビュー。レーベルならではのハイテクニックは勿論、ブルーズやジャズをルーツとする"味"こそが持ち味。ワーミーバーを使った疑似スライドが特に注目を集めた。個人的には好きなギタリストトップ5の一人。
Release:1996 (3rd Solo Album)
一言評価:ブルージーでありながらお洒落な独特のサウンドは健在!一音の説得力は更に増して圧倒的。楽曲自体はキャッチーではない。
ハードロック、サザンロック的な音楽性でデビューしたMichael Lee Firkinsも、ブルーズロックバンドを経て、かなり渋い方向性に収まってきました。
1stアルバムでは楽曲自体かなりキャッチーでメロディアスなものがほとんどで、更に超絶な演奏をしていたのですが、このアルバムの楽曲はかなり渋めです。
2ndアルバムではハードさが無い割りに、楽曲は「オトナな味わい」で、曲の良さをじっくりと味わえましたが、3rdアルバムになって、更に形容が難しくなりました(苦笑)。
でもあえて強調したいのは、イギリス人のような「内省的」な雰囲気では無いという事ですね。渋くてもお洒落でもアメリカの音楽だと思います。

勿論、ギタースタイルは聞けばすぐにMichaelだと分かる独特なもので、その味わいは更に深いものになっています。一曲目から疑似スライド大活躍です。
ギターアルバムや、ジャズが好きな人には特にお勧め出来ますが、派手さ、ヘヴィさ、キャッチーさの点で、ロックリスナーにはアピール度が足りないかもしれません。
ジャズと言うにはロックなので、さてジャンルは?と聞かれると答えにくいです。

ただ楽曲が全く練られていないかというと、そんな事がないのがMichaelの面白いところ。
カントリー、中近東、フュージョン、意外とバリエーションには富んでいますし、展開も中々面白いです。
一見、パンチの無い軽い音ですが、彼のプレイをじっくり味わうにはこれくらいで丁度いいのかもしれませんね。
「俺が俺が」っていうリードプレイはもはや全く無いです。
歪みとクリーンを使い分けるバッキングも、個性的な名人芸です。リズムは相変わらず本当にタイトですね。
どれだけ狙っているのかは分かりませんが、メロディとして成立しているバッキングです。

結局、地味なの?いいアルバムなの?って話なんですが、間違いなくかなり地味です(笑)。でもいいアルバムですよ。
演奏が個性的でいいですから。何度も聞いているうちに良さが分かると思います。

メンバーは多分、地元やら今までの付き合いのある友人なのでしょう。前作Cactus Cruzの発表時のインタビューでも、Mike Vanderfuleの事は話していました。
今作に関連したインタビュー記事はまだ見つけていません。
Mike VanderfuleSteve Smithのレッスンを受けていたそうですが、ちょっとそういうイメージは無いですね。もっとスワンプ的で悪くないですが、特別凄い個性を感じるわけではなく、それはベースの人も同じです。ただ技術は二人ともしっかりしていて、悪くはないです。ベースのユニゾンもばっちりきまっていますし。


1.Freeway Lines
Jeff Beck調のブルースロック。疑似スライドが映えますねぇ。

2.Grandma Dynomite
カントリー調。ピッキングのニュアンスが味わい深い。

3.Saturday Night
このアルバムのハイライト。ちょっとロカビリーな感じで、50s'なお洒落感。
ライブや、教則ビデオのイントロでも披露していますが、僕はこのバージョンがお洒落で好きです。
(ネットでは、intro songなんて言われたりしていますね)
ほとんどペンタトニックですが、圧倒的なメロディになっています。素晴らしい即興能力。

4.Kick Ass Bill
長いジャム曲。ちょっと淡々とし過ぎですが、ギタリストのソロアルバムなのでこういうのもいいでしょう(苦笑)。
三曲目までで意外といいかも?って思った人はここでちょっと方向性を見失うかもしれません。

5.Dollar Blues
サンタナ的とも言えるかもしれませんが、個人的には誰に似ているとは感じない個性的な珍しいジャズブルース!
このニュアンスの付け方が出来るのはMichaelくらいしか知らないです。渋すぎますよ。まさに歌心溢れるギターソロ。

6.Midnight Surf
ちょっと中近東調の乾いた曲。

7.Where Am I?
つなぎの一曲ですが、楽器がよく分からないですね。スライドギターにエフェクトをかけているんでしょうか。
このアイディアが次につながります。

8.San Lucas
ニューエイジ的、幻想的な新境地。クリーントーンのバッキングのアイディアが凄いです。
リードはギターなんですかね?

9.I Witness
フュージョン的でメロディアスなナンバー。これもバッキングが渋いです。

10.Sanford & Son Theme (The Streetbeater)
作曲はQuncy Jones?ベースが活躍するファンキーな一曲。1stのCactus Cruzに味わいとしては近いかな?ワウを使ったバッキングが刺激的!

11.Reprise
ジャジーで渋いリプライズ。
ピアノを弾いているのは、どなた?





::Best Track::
#03 - Saturday Night
#05 - Dollar Blues

Michael Lee Firkins (Guitars)
・John Purtle (bass guitars)
・Mike Vanderfule (drums)
スポンサーサイト
[ 2011/07/17 11:31 ] M/Michael Lee Firkins | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/50-ffd1d362









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。