スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Live] パーヴェル・ネルセシアン:ピアノリサイタル(2011/5/14)

パーヴェル・ネルセシアン(PAVEL NERSESSIAN)というピアニストのリサイタルに行ってきました。 一月前ですので多少記憶があいまいになっているところもありますが、書き残しておこうと思います。今回初めて知ったピアニストですが、何故もっと知られていないのだろう?と思える素晴らしいものでした。
日付:2011年5月14日(土)
場所:上野東京文化会館・小ホール
客入り:九割くらいか。向かって右側は少し空席がありました。勿体無い!
演奏:素晴らしかった。構成、技術は勿論、音色が良い。アーティストでもあり、演奏家としてもプロフェッショナル。


ネルセシアンさんは、ステージに現れた時は、かなり長身の方かと思いましたが、 実際は、175cmくらいじゃないかしら、脚が長くてスマートな方でした。 終演後にロビーで握手、サインしてもらいましたが、すぐにロビーに来てくれましたし、雰囲気も取っつきにくいところの無さそうな、人格者だなぁという感じです。 演奏スタイルも破綻の無い、しかし素晴らしく集中した、静かな芸術だったと思います。ちなみに今回は短髪でしたが、数年前のパーマのかかった長髪の方がカッコいいです。中々渋いルックスしています。

印象としては、冷静沈着正統的知的、というところで、感情を込め過ぎて収拾がつかなくなるパターンとは対極です。この人は、音楽の本質をつかんでいるようで、ある意味では演奏者の存在が少し遠ざかり、曲だけが残り、伝わってきました

一曲目には、元々プログラムには無かったショパンを、レクイエムとして演奏。 多分、そんなに大きなルバートによらず曲の抒情性を静かに描いた演奏だったと思います。序盤から中々深いものがありましていきなり感動です。

チャイコフスキーの四季は、僕も何曲か抜き出して演奏した事もあったりして…。 これも感情過多ではないクールな演奏ですが、集中度が高くて引き込まれました。 六月が終わったあたりで、拍手が鳴ってちょっと空気が途切れたのが残念でした。 曲自体、ピアノ技法としてはプログラム後半に比べるとシンプルで退屈なパートも無くは無いですが、美しい旋律を楽しみました。

休憩をはさんで、プログラム後半へ。

ベートーヴェンは、テンポ遅めの前半と比べると、一般的な演奏よりはややテンポ早めだったかなぁ…。でも確かな技術で忙しくはなっていませんでした。 特に後半のトリルは勿論、曲全体を通して、強弱を完全にコントロールした…彼の鳴りの的確さがよく活きていました。リズム感もとても良かった。 低音はよく鳴りますし、後半の静かなところは感動的です。トリルでは光が見えましたね。素晴らしい。

スクリャービンは、周りで何人も寝ている人がいましたが…、僕にはちょっと難しい曲ですが、彼の素晴らしい鳴りと響きは堪能しました。最後の方は盛り上がってきまして圧倒されました。

アンコールのショパンも素晴らしかったです。花束がわらわら出てきてちょっと驚きましたし、なんか拍手の雰囲気もちょっと居心地の悪さを感じましたけれど、最後の最後まで手を抜かないものでした。

気になったところとしては、ちょっと高音部が軽く、両手のユニゾンになるところでは、ちょっと高音部に薄さがありましたが、これはピアノのせいかもしれません。低音部も鳴りはしますが、図太い音ではなかったです。高音はともかく、低音は好みかな。

会場の雰囲気はあまり、というか、かな~~り良くないもので、雑音が多かったのが気になりました。携帯電話くらいは確認してもらいたいですね。二回くらい鳴りましたし。「何しに来たんだろう…」という人もちらほら…。まぁ寝る人がいるのはしょうがないですが、ちょっと浸りきれないものがあったのは残念でした。
逆にそういう雑音とかを気にせず、集中した演奏が出来るという事は、ライブミュージシャンとして、プロフェッショナルとして、レベルが高いなぁとは感じますが。

次に来日したらまた行きたいピアニストです。



:東日本大震災犠牲者追悼として:
ショパン「ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1」

:第一部:
チャイコフスキー「四季」全曲

:第二部:
ベートーヴェン「ピアノソナタ32番」
スクリャービン「ピアノソナタ第10番
スクリャービン「2つの舞曲 花飾り・暗い炎 作品73
スクリャービン「詩曲 炎に向かって 作品72」

:アンコール:
ショパン「ワルツ第3番 イ短調 作品34-2」
ショパン「ワルツ第5番 変イ長調 作品42」
スポンサーサイト
[ 2011/06/11 19:26 ] Live Reports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/43-5eec9d20









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。