スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2009/04/15 Deep Purple & Yngwie Malmsteen

2009/04/15 Deep Purple & Yngwie Malmsteen
東京国際フォーラムでのライブレポート。
思い入れ大目で長文になってしまいました…。
Deep Purple × Yngwie Malmsteen
行ってきました。初めてのSteve Morseです。

レポートというよりも、単純に自分の感じたことを記録したいと思ったので、
とりあえずダラダラと長く書かせて頂きます(^^;
かなり興奮していたので、記憶が曖昧かもしれませんが…。

どんな人間でも、"初めての~"というのは思い出深いものだと思います。
僕は、この日が"初めてのSteve Morse"でした。
この日のことは、一生忘れないでしょう…。

しかも内容は、語るべき内容がてんこ盛りでした!
Jon Lordのゲスト参加」これだけでも一生モノです。僕には。
しかも演奏も素晴らしく、この日の演奏はそれだけを取ってもとても評価したいですね。

ちなみに日本ツアーの最初の方では結局共演はありませんでしたが、
最終日の東京国際フォーラムのみ、一曲の共演がありました。
初めは共演をウリにして宣伝していたのに、そんなのアリかよ!って思いましたが、
まぁ、そこは難しい感情が色々と渦巻いているのでしょう(笑)
ネットでは初日からずっと共演無しの情報があったので、
最終日も無いと思っていただけに当日の感動は一入でしたね。


何にせよ、Deep PurpleのLive In Japanでロックに目覚め、
Steve Morseを最も尊敬する僕には、夢のような二時間でした…。

席は40列目あたりで、一階後ろの方でしたが、真ん中だったので、割合見えました。
開始時間は19:00ほど、終了は、22:20くらいだったかなぁ。結構遅いですね。
僕は終電手前で何とか家に帰れました(笑)


さて、Yngwie Malmsteenは、Alcatrazz~Jeff Scott Soto時期くらいまでは結構好きなんですが、
如何せんそれ以降は……。
この先は多くの場所で言及されている内容と同じなのでカット致します(笑)


Yngwieの時は、音量が爆音で耳が痛かったです。ギターが超トレブリーだったせいもありますが…。
元Judas PriestのRipperは、初めて見ましたがマイク・ヴェーセラをもっとラフにした印象を受けました。
ベースボールキャップに短髪というルックスは、果たしてあのバンドで許されるのでしょうか(笑)
声量はありましたが、歌メロが…。彼の能力を活かしていないと思います。
単純に合っていないという事のような気がしますが…。
もっと彼には相応しい舞台があるように感じました。

プレイ以上に気になったのは、Yngwieの一人ギターソロの多さ!!
コンサートの半分がギターソロじゃないか、って思いました。
貴方のギターソロではなく、貴方の楽曲を聴きたいんです、と思いました。
余りの爆音に耳が痛くなり、ほとんどプレイも集中して聞けませんでした。
年齢層高めの観客の中で、あれはPA側にも責任がありそうです。
キーボードの音も全く聞こえませんでしたしね。
代表曲"Rising Force"ですら全く聞こえませんでした。これにはさすがにガッカリ。


これもあちらこちらで言われている事ですが、
昔の彼は凄かった。それは間違いないです。



さて、セット変更に30分ほど時間がかかりまして、Deep Purpleの出番です。
Steve Morseを見るためだけにチケットを買ったといっても過言ではありません(笑)
誰もいないENGLアンプを睨みつけます(笑)



一曲目のHighway Starで会場のテンションが上がりました。
やはり今回の客層は、こちらが目当ての人が多かったようです。
いきなりIan Paiceがスティックを落としたような気がしましたが(笑)

選曲は、隠れた名曲と名高い、Mary Longがありましたね。
最近はライブでもよくやっているようです。
Highway Starタイプのフレーズがある、まさにRitchie Blackmoreソングですが、
歌もかなりいけているところが、セットリスト採用の理由かな?

The Battle Rages Onもかなり幻想的かつヘヴィで、霧の中を進むような緊張感でしたね。
やはり名曲だ!


今回は、Ian Gillanの声がとてもよく出ていました。
バンドの安定感は昔から鉄壁なだけに、ギランの出来がコンサートの出来を左右します。
謎のダンスも披露しつつ(笑)、タンバリンも。
Into The Fireでは、渾身のシャウト。
さすがに歳は感じますが、ライブの彼はもう話にならない、という酷評が続く中、
とても素晴らしいパフォーマンスでした。
最近の彼は歌に関してかなり自信を取り戻しているようですが、
これくらいのものが出来るなら、やっぱり偉大ですね!

演奏はリラックスしながらも、ドラムのスウィンギーさが会場をノセます。
会場では、首を振る人はいませんでしたが、身体を左右にクネらせる人がとても多かったです。
僕もクネクネしていましたが(笑)

やっぱり、ペイシーは凄い!上手い!リズム感がいい!
ところどころボンゾばりの六連をかましたりして、年齢を全く感じさせないドラムでした。
最近のDPのライブでは、イアンのドラムが一番評価が高いというのは分かりますね。完璧でした!!
ドラムソロでは、最近の得意技、ワン・ハンド・ロールを披露しましたが、
「右手は、ここにあるぜ」って強調しながら、左手でロールする姿を見せるお茶目さに笑いました(笑)

Roger Gloverは、しっかりとボトムを支えながらステージを歩き回り、堅実なプレイ。
最後の最後のベースソロでは、和音を使ったり、アグレッシブなプレイを披露しました。


Steveについてですが…。
これまた大満足です。
Sometimes I Feel Like Screamingのギターソロは、とても良かった!
早いアルペジオを織り込むスタイルで、ブートを含めて今まで聞いていたのより良かったかも、って思う程です。
曲自体のテンポがちょっと速かったのが残念ですが…。
正確無比なオルタネイトも健在です。
昔の青いミュージックマンも見れたし、最近のパープルカラーのニューシグネチャーも見れたし…。
もう本当に最高ですね!!
Contact Lostからのギターソロの、幻想的な音使い。ノイズの無いテクニック。完璧なトーンコントロール。
思わず聞き入ってしまいました!じーっと見つめていたような気がします…。
彼が最高のギタリストであり、ライブでも全く変わらない安定性がある、と見せ付けてくれました。
噂ではDregsのRock'N'Roll Parkを弾いていたという話もありますが、
どこで弾いていたのかは不明です。

Steve時代の新たな定番ですが、Well-Dressed Guitarも大きな盛り上がりです。
イアン・ギランが煽ったので、会場が大拍手。周りの人も、すげー、って言ってました(笑)

Don Aireyは、ハモンドを中心にこれまた堅実なプレイ。まぁ歳は一番若いですが、
演奏そのもに関しては、もっとも経験が豊富と言ってもいいですからね。
ライブの彼は特に、Jon Lordのコピーに過ぎないという辛口な意見もありますが、僕は好きですよ。
リリカルなピアノをもっと披露してもいいのでは、という感じもします。
スタジオ盤ではもう少し音色を増やしてもいいと思いますしね。
ライブではハモンドがやっぱり馴染むでしょうが、スタジオでは聞き込めますから。


さて、そのドンのキーボードソロでは、定番のトルコ行進曲をプレイ。
そして、"スキヤキ"こと"上を向いて歩こう"も、ジャジーな感じで軽く演奏(笑)
スターウォーズが無かったのはちょっぴり残念ですが、まぁその後にビッグサプライズが…。

場内が暗転して、次の瞬間、鋭いハモンドの音が!!!
また明るくなったぞ~。


何と、ジョン・ロード御大じゃないですか~~!
さすがに目を疑いました(^^;
白い髪を後ろに束ねて、サングラス(眼鏡?)!ここ何十年くらい変わらない定番のルックス(笑)
何でも韓国に用事があったそうで、そのついでか何かでのゲスト参加らしいです。



もう見れないと思っていただけに、かなり嬉しいサプライズ!!
そのままPerfect Strangerに突入。
他のメンバー、ギランなんかとはなんだか仲良さそうに笑っているようにも見えましたが…。
果たして真相はいかに(笑)
Steveもワーミーバー付きギターで、アグレッシブにウネウネ!
Jon Lordは、ちょっと機材に慣れていないような印象がありました。
時々正面のハモンドではなく、ステージから左手のシンセに向かったりしていましたが…。


さて、その後は、Space Truckinで、この曲もライブ向けで大盛り上がりなのですが、
ここで大きなハプニングが!

普段はステージの上手のSteveが、下手のRogerと立ち位置を変えて、下手へ。
すると、Steveが自分のギターシールドに足を引っ掛けたようで(?)、コケてしまいました…。
頭からだったように見えまして、なんだか変な倒れ方をしたので、心配でしたが、
その後もずっと元気に弾いていてくれました。
詳細はよく分かりませんでしたが、
これでシールドが断線か何かしたようで、ギターの音が出なくなってしまいます。
ギターテクが出てきて二人で、エフェクターボードやらアンプやらを弄ります。
結局、音は出ないまま、曲は終わってしまいました(^^;

ただその間、Come On!!の掛け合いは続き、
ドラムとハモンドの音量が上がって、場を繋ぎました。
ギターが無くなって、ペイシーの出番が増えました(笑)
歴戦の勇者だけあって、もうアクシデントにも手馴れたものですね。

お手上げ状態のSteveを見るのは、中々無いでしょうから貴重な体験としておきます(笑)

その際ですが、Steveの音が出なくなったときにYngwieのアンプがステージ上に準備されたそうですが、
ギランがどうもそれに口を出しながら、押し返したという"事件?"があったようなのですね。
僕はちょっと記憶にないのですが、Steveがギランをなだめていたようです。
情報によるとギランは、Yngwieのアンプ搬入のせいでケーブルが切れたと勘違い?したようで、
それでキレてしまったようです。
直接はよく見えなかったので、余り細かくは書けませんが、
まぁ、そんなハプニングも……。いい思い出……かなぁ(笑)?
何にせよそんな優しいSteve師匠が大好き(笑)



その後、アンコールに続きますが、Steveだけは一人残って、ギターの調整をしていたようです。
多分、ここでメンバーは一旦下がる予定だったのでしょうが…。
結局アンコールなんだか、続きなんだか、よく分からなくなりました(笑)

僕の予想ですが、結局Steveはシールドを変えて、ENGLアンプに直結したのではないでしょうか??
歪みの量も減って、ついでに音量まで減ってしまったように感じましたが…(^^;
音量が小さくなったのは不可解ですが、音質は変わったように聞こえました。


ここで何と二つ目のサプライズ。
Yngwieが出てきました。ちなみにJon LordとDonも二人でキーボードへ。
ここではYngwieが飛び入りの意外さで、Jonがちょっと目立ちませんでしたね。
共演は無い、って言われていたので、会場は大盛り上がり。

まずは小手調べ。Steveと二人で、ピロピロ合戦です(笑)
Yngwieを立てるようにして、「もっと弾こうぜ」的なアクションをするSteve。
ただ自分のギターの音量がイマイチだったせいか、
それとは別に「もう少し音上げてくれない?」というアクションもやっていたように思えます。

Yngwieが歯ギターをしたら、何とSteveも付き合ったり(笑)
なんかもうこの人の人柄が出ているようで、微笑ましくもありました。
ただこのままだと一生続きそうなので、ペイシーがスネアを一発。
「とっとと終わらせろよ…」的に聞こえなくもありませんが…(笑)

さて、クラシックのあの曲に突入です。観客は皆分かってます(笑)
まずSteveがわざと音を外しながらあのリフを弾きます。
「あれ?忘れちゃったよ~」みたいな顔をしてYngwieに譲りました(笑)
Yngwieも「いいのかよ?」って顔をして、リフを弾き始めました。
どっちが先に弾き始めたかはちょっと記憶が曖昧ですが。
Smoke On The Waterです。
いやー、盛り上がりますね!最高でした。
ギターソロでは、SteveがYngwieに譲ります。
さすがのYngwieもこれまた「いいのかよ?」って(笑)
ここらへんのやり取りは、かなり微笑ましい感じでした。
Yngwieも初めはピロピロではなく、スタジオに忠実な演奏。
ちょっとビックリです。やっぱ好きなんだろうなー。すぐに自分のスタイルに行きましたが(^^;
後半のメロウなパートはSteveでしたが、音量が小さくてよく聞こえませんでした…。残念!!

曲の後は、ギターの二人が抱き合ったりして、これまたいい光景。
でもYngwieは、ステージ下手のRoger, Paice, Gillanには見向きもしなかったなー。
Jon Lordには終始、頭を低くしていたのが印象的でしたが、Jonの方も反応はイマイチ(^^;
やっぱりここは、内々の微妙な感情を感ぜずにはいられません…。
SteveがJonに挨拶した時も、Jon自体余裕が無かったように見えましたが…。

そんな中、Steveは一貫して、Yngwieのことを気にしながらプレイしていました。
本当に素晴らしい性格がこんなところからも見えてきます。感動しました。

ここで確か一旦メンバーが下がったような。
順番は忘れましたが、STAXの伝説的セッショングループ、MG'sの代表インスト曲、
Green OnionのイントロをDonがプレイ。メンバーもついていきました。一分ほどだったかなぁ。
Jon Lordのフェイバリットらしいので、プレゼント的なところでしょう。
個人的には意外なところを突かれましたが、周りの人は余り知らなさそうでしたね…。

Hushは、やっぱりJonのハモンドで聞きたかったなぁ、なんて。
やっぱりDonも上手いんですけれどね。Jonの「ビャゥッ!!」のニュアンスは彼にしか出せません(笑)
これも定番なので、割と盛り上がりますが、一期の曲なので、知らない人がいてもおかしくない感じはありました。

次にベースソロ。定番の構成ですね。上にも書きましたが中々アグレッシブなプレイでした。
三連のドラムが入って、Black Night。
CMに使われていたせいか(笑)??、中々の盛り上がりを期待…しましたが、
余り歌っている人が多くなかった印象が(^^;
まぁ、Smokeで燃え尽きましたね(^^;

Steveがギターで掛け合いを歌わせようとしましたが、
一番初めのフレーズに反応無くて「あれ?」みたいな顔をしたような気がします(笑)
次からは、「オーオー!」みたいな単純なフレーズで掛け合いをしました。

その後曲に戻って、これでコンサートは終わりです。
最後にメンバー全員が並んで整列するのを見たかったんですが…。
Jonがもう一度、整列に加わるのを見たかったなぁ。

コンサートは、いつもながらRogerが最後までピックとかを配ってますね。
ペイシーのスティックとか、モーズのピックとかもらえた人が羨ましい!!
40列まではさすがに届きません(笑)
そこまで飛ばしたらスティックは凶器です。
飛ばせなくは……。ゴクリ……。投げて~~(笑)




結局のところ、もう最高の一言に尽きるので、これ以上は特にありません。
長々と読んでくださった方がもしもいらっしゃったら、ありがとうございます。
本当の僕は、文面以上の興奮度合いです。

ではでは。



2009/04/15
Deep Purple
Live At Tokyo Kokusai Forum

::Set List::

01.Highway Star
02.Things I Never Said
03.Into the Fire
04.Strange Kind of Woman
05.Rapture of the Deep
06.Contact Lost~Steve's Solo
07.Sometimes I Feel Like Screaming
08.The Well-Dressed Guitar
09.Wring That Neck
10.Mary Long
11.The Battle Rages on
12.Don's Solo~Perfect Strangers(ソロの後、Jon Lord登場)
13.Space Truckin'
~Encore~
14.Smoke On The Water(with Jon Lord & Yngwie Malmsteen)
(確かこのあたりでMG'sのGree Onionを即興演奏)
15.Hush~Drum Solo~Bass Solo
16.Black Night
スポンサーサイト
[ 2009/04/17 16:38 ] Live Reports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/4-36216a66









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。