スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浜田麻里 Live In Tokyo 2010 "Aestetica"

BSフジで放送された浜田麻里のライブを見る。
本放送では気付いていながら見逃す失態であったので、今回の再放送はしっかりと録画しておいた。放送時間は一時間で、ライブ全体の半分も放送していないようだ。ライブの強さには定評のある歌姫と鉄壁のバックバンドだけに、演奏の内容については基本的には文句無し。
TV放送なので仕方がないが、時間が短いのが唯一の不満である。
浜田麻里、健在どころか、未だに進化を止めていない。

以下ライブ感想。


現在のメンバーは、
Vocal: 浜田麻里
Drums: 宮脇"JOE"知史
Bass: 山田"YOU"友則
Guitar: 増崎孝司
Guitar: 藤井陽一
Keyboard: 増田隆宣
Chorus: ERI(浜田絵里)
Manipulate: 中尾昌史

増崎さんだけだと正直ロックしていないし、ロック人間だけだと技術的な問題もあるし、 こんなところでおさまっているんだなぁと感じた。 今はずっと日本のロックミュージシャンとLAのスタジオの二通りのやり方で手掛けているので、 正直なところ、ライブではどうにもバランスが難しいのだろう。 今回は、Loudnessの高崎がソロを弾いた曲もあり、 そういう曲は、今のGuの二人では魅力を感じられない。
ロック大好き感アリアリのDimensionは嫌いではないけれど、ジャズの中のロックとは違うのだと感じる。でもフルピッキングしていても、何か独特のレガート感がある、ああいうテクニシャンでないと出来ないプレイは中々耳を惹く。もう一人のギターは、多分ルークのファンなのではないか。Drが本間博嗣さんとどちらがいいのかは何とも言えない。

僕はLoudnessに代表されるようなジャパメタがやや苦手なので、そういったジャパメタ路線の初期はそんなに聞いていなかったりもするのだが(勿論好きな曲もあるが)、最新アルバム中心の選曲はとても楽しめる。
やはりこれはとてもいいアルバムだった。特にStay Goldは、シンフォニックメタル路線で、とてもかっこいい。ギターソロ後の、激烈なシャウトで、メタル歌姫健在を実感。妹の浜田絵里さんの高音コーラスも全く衰えず。Don't Change your Mindのサビを歌っているのも彼女なのだ。

特に「Stay Gold」のギターソロ後の、強烈なシャウト、これだ。しかもライブでは曲中でシャウトのサビを歌っているのは、妹さん。鉄壁である。ヘヴィでファストな「Somebody's Calling」も聞かせる。ただこういう時にギターソロでもう一味欲しい…と思ってしまうのも事実であるが…。残念ながらそれは技術的に、また修練でどうにかなるものではなく、逆に言えばそれくらいしかケチの付けようがないのも事実である。どの曲を取っても全く完璧で、震える。「Fearless Night」の、アッハン!アーハ!の小悪魔っぽい魅力にも頭がクラクラする。


麻里さんの最新アルバムのジャケの写真が実に美しいのだけれど(青いドレスが素敵!)、ライブでもそれを着てくれていて胸キュン!軽やかな格好していてもとても可愛い。後、ショートパンツとTシャツも年齢を感じさせないどころか、実に自然なので、うーん、さすが、って唸ってしまう。モニターに足を置くところとかもさすがに様になっている…。

フルの放送があると良いかもしれないが、ソフト化されているので、ファンなら買いだろう。
スポンサーサイト
[ 2010/12/21 12:31 ] TV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentbyheaven.blog12.fc2.com/tb.php/37-d2ee2b59









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。