スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリプル9 裏切りのコード (2016)

原題:Triple 9
監督:John Hillcoat
音楽:Atticus Ross
脚本:Matt Cook
上映時間:115分
出演:Casey Affleck, Chiwetel Ejiofor, Anthony Mackie, Aaron Paul, Norman Reedus, Woody Harrelson and Kate Winslet


暴力と銃弾が支配する社会では人の命はとてつもなく軽い。飛び交う銃弾の前に個々の人生の差異は限りなく小さいが、しかしそれでも個人はその暴力的な社会で自分だけの生を足掻き続けるしかない。
現代のオールスターキャストを使いながら、あえて個々の華やかさを出来る限り押さえつけられて演出されているが、それだけにどこを見ても、たとえ矮小であっても生きようとする反発的な情念のようなものが画面に漂っている。クライムムービー、警察ドラマとしてはオールタイムベストに挙げてもおかしくないほどの出来栄えだった

舞台はアメリカ、ジョージア州アトランタ。そこでは警察官はただ腐敗しているだけでなく、ギャングと手を組み、実際にギャングと行動を共にする者まで現れていた。この映画で登場人物の善悪を決定することに意味はない。殺人課の警官はギャングで、ギャングは中毒になった元警官で、最後の最後まで何を信じていいのかわからない。失敗すれば死ぬし、失敗しなくても死ぬという理不尽さだけが繰り返し立ち上ってくる。

タイトルの「トリプル9(999)」とは、警察の通信コードで、「警官が倒れた。全員現場に急行せよ」を意味する。その場合、しばらくの間警察の関心がそちらに全集中するため、その隙をついて国土安全保障省の施設を襲う、というのが本作のクライマックス。ちなみに本編では「ナイン・ナイン・ナイン」とも一度だけ言っていた。

メインキャラクターを一人に限定出来ないが、まず強盗グループはマイケル、マーカス、フランコ、ラッセル、ゲイブの五人、警察からジェフとクリスの伯父と甥、マフィアからイリーナと、これだけの主要メンバーが目まぐるしく動き回り、それぞれが裏と表の顔を使い分け、観客にとっては一瞬たりとも油断できない超ハイスピードの展開がとても新鮮。キャラクターは多いが、それでいて二時間を切る長さ。アッティカス・ロス(Atticus Ross)によるエレクトロニック系のダークな音楽も、無線のノイズっぽい音を活用しているところなどが非常に効果的。


以下多少のネタバレあり。
スポンサーサイト
[ 2016/07/06 00:00 ] Movies | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。