スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Youri Egorov - Bach Partita 6 Toccata

本当に好きな音楽家にはそう何人も出会えるものじゃないなと時々思う。
Youri Egorov(Юрий Александрович Егоров)の演奏を初めて聞いた時、
Dinu Lipattiと同じくらいの衝撃を受けた。
バッハのPartita六番、Toccataが流れた瞬間、最初の一音で涙が出そうになった。
その時の事が忘れられなくて、今でも何度もこのパルティータを聞いている。
エゴロフ本人もリパッティの演奏を好んでいたようだ。



今まで聞いたピアニストとは全く違う演奏だったけれど、その音楽の流れに何の違和感も無い。違和感が無いというのは大事な事で、やはり人と違う事を試してみたくなるもの。エゴロフの演奏は、奇をてらったものではないけれど、とても繊細で独特。しかしガリガリと引っかかるようなところはない。その両極へのバランス…凝縮されたこだわりと、どこまでも広がるかのような透明感。これを実現出来る人はそうそういないのではないか。

「音楽が今生まれてくる」かのような新鮮な演奏というのは、クラシックでもジャズでもロックでも簡単に出来る事ではなくて、ジャズでも結局は今まで自分が演奏してきたようなイディオムに引きずられてしまう事は結構多いし、クラシックでは更に難しいかもしれないけれど、エゴロフには何を聞いてもその暖かい流れが存在する。

エゴロフの演奏が好きかどうかは、このトッカータの冒頭を聞けばすぐに判断できると思う。
透明感のある音色と、和音の響きを細やかに捉える特徴的なペダルの使い方。

泣ける演奏ではあるけれど、極度に感情的になったり、ルバートを多用することはない。もしかしたら泣ける演奏というより、清廉な、とか、清潔な演奏と言った方がいいかも。本人は技術には結構自信があったようで、決してゆっくり弾くだけの人ではない。その辺はアファナシェフみたいにそれはまあソ連の人であるし、楽器を活かした鳴りっぷりも見事。ショパンのエチュードでも歌心と技術の両立を見せてくれている。
ただステージ演奏を決して得意としていたわけではなかった事や、早くに亡くなってしまった事もあり、現在聞ける録音には必ずしも本人の納得がいっていなかったものもあるかもしれない。

他の曲でも特徴的なのだけれど、リズムの処理はカッチリしているし、本人の意図以上に流される事はない。6/8リズムなんかもかなりタイトに捉えた上でそこから崩しているようだ。音色も甘すぎるばかりではなくて、結構固い、もしくは激しいトーンで弾く事も多い。しかし全体に漂う何とも言えない甘美さは音楽を個のフレーズに分割する事よりも、和声の滑らかさを重視した結果と言える。更にシンプルなスカルラッティなどでは、少し離れたところから鐘が鳴るのを眺めるような響きが新鮮。
もちろんこの弾き方ではバッハを分析的に弾くには向いていないので、そういうのが好きな人にはロマンチシズム過ぎるとして、好まれないかもしれない。

しかし僕にとっては宝物ともいえる演奏に出会った。
惜しい事に33歳という若さで亡くなってしまったユーリ・エゴロフだけれど、彼が遺したものに感謝しながら大事に聞いていこうと思う。ドビュッシー、ブラームス、ベートーヴェン、ラフマニノフ、彼が残したものは幸いそれなりにバラエティに富んでいるし、ある程度コレクションとしてまとまっているので、知名度から絶対数が少なさそうではあるが、入手はさほど難しくないと思われる。
スポンサーサイト
[ 2015/04/29 20:00 ] M/Classical | TB(0) | CM(0)

田中芳樹 - 晴れた空から突然に…(1989)

銀河英雄伝説」等々で知られる田中芳樹の単刊作品の一つ。
長編の合間合間というか、89年に書かれている。まあその辺の長編をよく知っているというわけでもないけれども、非シリーズ物はややマイナーなので自分の備忘録的に書いておくことにする。

一言でいえばちょっとぬるめで甘めの冒険小説だった。
日本初の飛行船「飛鳥」の中で繰り広げられる陰謀と戦いに主人公の考古学者、梧桐俊介が立ち向かうことになる(特に語られる事はないがこの研究対象はさすがにというか当然中国を含むアジアである)。まず飛行船という設定には著者の言う通りロマンがあっていいなあと思うが、如何せんちょっと陰謀のツメが甘かったかと。日本の化学研究所の陰謀から偶然生まれ出たゾンビも出てくるのだけれど、どうも切迫感が無い。

そのあたりの原因は多分会話の流れの悪さだろう。
紹介しきれないくらい数々の名言を残してきた著者だけれども、ここでは登場人物に語らせると内面を逐一丁寧に文字にしていくのが過剰だ。紋切型の登場人物から紋切型の説明台詞しか出てこない。飛行船の中でやたらと子供に食い掛かる人物などは少々不快ですらあった。

そう呼ぶには少し幼いが本作のヒロイン、しっかりした行動的な少女の名前は「日記(読みは”にっき”」。珍しい名前にはそれに相応しい舞台があるといいのだが、そうはならなかった。結局、主人公は本文中で書かれている通り、相手のエラーの間に得点するような形で事件を解決してしまうので、もう少し日記に活躍する余地とコンビネーションが欲しいと思った。主人公の俊介と日記はさすがに田中作品のキャラクターなのでそれなりに魅力がありそうな感じはある…がそれが描かれているかというと首を捻る。

それから暴力描写がとても中途半端にほんの少しだけ出てくるので、そういうのを排したり、登場人物のゆったりとした雰囲気を活かした方が良かったのなあと。まあファンでなければおススメするほどではないかもしれない。
[ 2015/04/03 22:00 ] Books | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。