スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Michael Lee FirkinsのYepへの海外でのレビュー

::管理人から::サイトの詳細は分かりかねますが、プログレからメタルまで幅広くレビューしているサイトのようです。Michaelの新譜にも割と好意的ですね。しかしKenny Wayne Shepherdのボーカルを思い起こさせる、とは。個人的にはそれこそ今作の録音に呼んだGov't Muleっぽいかなと思ったのですが(勿論違うところも多いですが、こう深いところで)。管理人は普通の日本人くらいの英語力ですので悪しからず…。無いよりはマシかなという事でご勘弁下さい。

では以下そのレビューです。::

http://www.seaoftranquility.org/reviews.php?op=showcontent&id=15300

Michael Lee Firkinsは、90年代に批評家たちが予言したようなギターゴッドの地位に達してはいないかもしれない - Jeff Beckと比較されていたような…。しかし二十年以上にも及び、Michaelはずっと音楽をやっている。五年ぶりのアルバム「Yep」のレコーディングのために、Firkinsは知名度のあるバンドのミュージシャンに声をかけた。Gov't Muleのドラマー、Matt AbtsとBlack Crowesの前ベーシストAndy Hess(訳注:この人もGov't Muleにいました)、そして元Allman Brothers Bandであり、現在はRolling Stonesのツアーサポートを行うキーボーディストのChuck Leavellだ(訳注:勿論この人もサザンロッカーの多くとの関連があります)。
「Yep」は、成熟した大人のためのルーツ志向のブルースロックアルバムだ。歌詞は、音楽業界がFirkinsに課してきた犠牲の日々を反映し、アルバムのシンプルだが挑戦的なタイトルは彼が新しく見出した、無意味”ではない”音楽への態度を示している。Firkinsは、強くしゃがれた声で歌い(Kenny Wayne Shepherdの忘れがたい1997年のシングル"Blue on Black"で歌っていたノア・ハントを思い起こさせる)、彼のギタープレイは若かりし頃のシュレッドから大きく変化している。七分を越えて続くような長い曲の中で、Firkinsとバンドは様々な構成と雰囲気の中を渡り歩き、そしてギターソロはスリリングに発展していく。

それこそが、ベストトラックが”より長い曲”となる理由である。静かに燃えるようなサザンロック"Long Day"、ミドルテンポでドライブするような"Out of Season"、鳴りっぷりの良い"Take Me Back"、たくましい大人のための二曲(同曲異アレンジ)"No More Angry Man"。

いけてるのかって?Yep(その通り)。
スポンサーサイト
[ 2014/12/18 20:00 ] M/Michael Lee Firkins | TB(0) | CM(0)

Electric Sun (Uli Jon Roth) - Firewind (1981)

Artist : Electric Sun (Uli Jon Roth)
Album : Firewind
Artist Memo : ギター仙人というあだ名が(日本で)すっかり定着した孤高の天才。元Scorpionsのリードギタリストであり数多くの名演を残した後にソロへ転向。クラシックとロックを融合させたスタイルの先駆者であり、到達点。弟のZeno Rothも優れた音楽家でありギタリストである。
Release:1981 (3rd Solo Album)
一言評価:80年前後にUliが組んでいたトリオバンドの三部作の二枚目。ジミヘン直系のハードな演奏を繰り広げる。表題曲は映画で言えば「2001年宇宙の旅」のように全ての基本であり、全てを超越した芸術。
[ 2014/12/11 22:30 ] M/HR/HM | TB(0) | CM(0)

Michael Lee Firkins - Yep (2013)

Artist : Michael Lee Firkins
Album : Yep
Artist Memo : Shrapnelからデビュー。レーベルならではのハイテクニックは勿論、ブルーズやジャズをルーツとする"味"こそが持ち味。ワーミーバーを使った疑似スライドが特に注目を集めた。個人的には好きなギタリストトップ5の一人。
Release:2013 (6th Solo Album)
一言評価:近年見せたサザンロック愛の集大成。南部の音楽がブルース、ジャズ、カントリーが混ざって成立したという歴史の証明ですらある。弾きまくり度は昔からすれば低めだが、ちょっとだけフラッシー。
[ 2014/12/11 22:00 ] M/Michael Lee Firkins | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。