スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画を見る時間は一体どこにあるのだろう…

中々映画が見れないですね。
午前十時の映画祭は無理やりにでも行くようにしていますが。

劇場では、「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(原題:復仇)」を見ました。
映画の出来栄えに対してクールな評価をするのであれば、
「The Mission」程では無かったような気がしますが、
それとは全く別の意味で、心に残る映画でした。
ジョニー・アリデイの存在感は素晴らしいですね。
今回は、食事のシーンとか、ガンアクションとかよりも、
ジョニーの眼力を味わうための映画といってもいいと思います。
「The Mission」を超えるガンアクションを期待しないで観た方がいいですね。
三部作とはいいますが、個々にいいところのある、という意味で、
そんなに関連付けて語る事もないかな、なんて少し思ったのです。
これについてはまた。


「ウェストサイド」物語を見ました。
個人的には余り趣味では無かったです。
ガンアクションとかですと、
「何でそこで当たらないの?」とか思いますけれど、
それは許せて、通りでいきなり踊りだしたりする事には、
違和感を感じてしまう理由は何なんでしょうね。

ただ、バーンスタインの音楽と、ダンスはさすがですね。
ダンスシーンを見ている時ばかりは、
映画館で静粛にしているのは少々苦痛なくらいで。

最近は、
Keith Jarrettの宇宙を体験したり、
映画「Stand By Me」を見て、人生って何なんだろう…ってブルーになったり…。


でも何といっても、Ronnie James Dio死去のニュースは衝撃でした…。
ジワジワきますね。ジワジワと…。

Ronnie Dioの曲で初めて好きになった曲は、
Kill The Kingとかの、Rainbowではなく、
Black SabbathのHeaven And Hellでした。
今でもこの曲の歌詞を忘れる事はありません。

Deep Purpleのツアーにも参加して、
素晴らしい歌声を披露してくれました。

R.I.P.

貴方の歌声は永遠に。
スポンサーサイト
[ 2010/05/22 03:37 ] 日々:雑記 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。