スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Andy Westのブログより――最初期Dixie Dregs再集結?

Dixie Dregsのベーシストであり、Steve Morseの盟友でもあるAndy Westが久しぶりにブログを更新しました。
いつもながら自信のない語学力で紹介します。誤訳の訂正などは喜んで受け付けております。

Dregs 2017…40 years from Free Fall

前回のブログが、2016年4月の更新なので、ずいぶんと久しぶりですね。
Anderson Ponty Band (Tucson)

以下↓がその抄訳になります。
スポンサーサイト
[ 2017/02/03 22:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

Deep PurpleのRock And Roll Hall Of Fameの殿堂入りに関して

色々なところで記事が書かれていますけれど、とりあえずこれをリンクしておきます。

DEEP PURPLE's IAN PAICE Believes STEVE MORSE And DON AIREY Should Be Included In ROCK HALL Induction

こちらはGillanの公式から。
DF 58 - Hall of Fame

先日、Deep PurpleRock And Roll Hall Of Fameの殿堂入りとなることが報道されましたが、現行のメンバーが選ばれたわけではなく、いわゆる「黄金期+オリジナルメンバー」に限られていることについて、Ian PaiceIan Gillanが不満を露わにする、という内容です。
確かにSteve Morseはギタリストとして、今では最も長い期間在籍していますし、Don Aireyも現在のバンドに欠かせない人員です。それに加えてこの二人はロックの歴史に欠かせない重要人物ですらあるのですが、やはり黄金期の印象というのはそれだけ強烈なのでしょう。まぁGillanも別にオリジナルメンバーではないですしね。アメリカではそれくらいの認識、というか、アメリカの音楽業界というものが長らくそういう性質であるということもあるでしょう。現在ではyoutube等で若い人は現行メンバーの演奏に触れる機会が多くなっているとは思いますが…。個人的には誰が選んでいるにせよ、現在60歳も半ばを超えたような伝説的バンドのメンバーに対してこういうスタンスで接せられる人たちって凄いなぁと皮肉無しに思ってしまいますけれど…。
最近ではSteveのことをRitchieと悪く比較する言説もあまり見かけなくなりましたが、僕自身Live In Japanを聞いてギターを弾き始めた一人であるわけで、Steveファンであることはさておき、黄金期の演奏が特別な印象と共に記憶されていることに疑いを持つことは全くありません。この内容は誰にとっても後味がよく無さそうなので、ファンであればこそこれくらいにしておいた方がいいかもしれないですね。
[ 2015/12/27 23:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

Steve Morseの動画をいくつか。

三連続でのSteve Morseネタですが、今夜はネット上のリンクを紹介するにとどまりますのでご了承くださいませ。
二つとも英語の動画ですが、雰囲気は分かります。特に最初の映像は、手元が映っているので貴重なものになると思います(まぁ昔の教則ビデオが今でも彼のスタイルを理解するのには一番有用かとは思いますが)。
一つは、Steveのピッキングスタイルを解析すべく、ハイスピードカメラで手元を撮影したもので、もう一つは、Premier Guitarというアメリカの雑誌からのインタビューで現在の機材類を紹介しています。

[ 2015/08/29 23:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

[雑誌アーカイブ] Steve Morse, Yngwie Malmsteen対談 (Player誌No.521 - 2009)

2009年のPlayer誌、No.521号から。

色々なことがあったDeep PurpleYngwie Malmsteenのダブルヘッドライナー日本公演の時の対談です。お互いのキャラクターもあるので、さほど突っ込んだ会話がされているようには思えませんが、いくつかの興味深い発言があります。

この時のコンサートでは、来日前から両陣営の仲のほどが心配されていて、記事にもそれを示唆、というか、「OK牧場の決斗」とまではっきりと書かれているので、そりゃIan Gillanの周囲にいた人なんか(本人も)は大変だったのだろうと思われます(苦笑)。この記事にしても、多分ライターさんは相当頑張って編集しているのではないでしょうか(別に嘘は書く必要は無さそうですが)。

ただまぁ常に率直な意見を述べるYngwieの発言も聞くべきところはあるとは思いますが、Steve Morseアーカイブの一環ということで、彼の抜粋は少な目です。ご了承ください。といっても両名とも、ファンならだいたい知っていることが中心です。
[ 2015/08/29 00:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)

[海外記事アーカイブ] 「ロックスターがマンチェスター(米)を訪れる」の抄訳。

一月ほど前のアメリカの記事で、Steve Morseのネタとしては全然大した内容ではないんですけれど(僕自身やる気が少な目でした/笑)、アーカイブの一環として(?)、抄訳をここに残しておきます。一瞬戸惑ったんですけれど、このマンチェスターは、アメリカ北西部のマンチェスターのことですね。
まぁ強いて言うなれば、Comfort Zoneから抜け出すような練習を行わないと意味が無いよ、と語っているところがポイントでしょうか。Down-to-earthな人格であることも強調されています。
記事の写真で取り上げられている高校生の少年が使っているギターは、Musicmanのヘッドのようですが、自前でしょうか。もし本人のギターを借りられたら幸せでしょうが、Ernie Ballもイベントに絡んでいるようですので、そちらの貸し出しかもしれません。スティーブは自分の古いブルーバーストを使っていますね。貴重なギターですが、クリニックにも出してくれて参加者はいい記念になったことでしょう。

原文・元記事はこちらになります。例によって英語力には自信がありませんので、参考程度にして下さい。
http://www.courant.com/community/hc-ugc-article-rock-star-visits-manchester-2015-08-05-story.html
[ 2015/08/28 00:00 ] M/SteveMorse | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。