スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アナトリー・ルナチャルスキー - 革命のシルエット(1923版; 1973訳)

著者:アナトリー・ルナチャルスキー
タイトル:革命のシルエット(Революционные силуэты、Revolutionary Silhouettes; 1923年版)
翻訳:原暉之(1973年訳)
発行:筑摩書房

Анатолий Васильевич Луначарскийアナトリー・ワシリエヴィチ・ルナチャルスキー(1875年11月23日(ユリウス暦11月11日) – 1933年12月26日)は、レーニンらと同時代の革命家、政治家であり、そして優れた教育者だったとされる。

厳しい闘争、革命の後、権力から一定の距離を置くことになった彼はスターリンの時代には対応出来ず(せず)、歴史の陰に埋もれていったのだが、現代においては再評価が進み、その文化・芸術への確かな視点が見直されている…(らしい)。
2015年現在、日本語で彼の著作を読むのは難しい。その数少ないうちの一冊が、同時代の革命家、政治家の人物像を主観的に描いた、この「革命のシルエット」である。
彼やボグダーノフらが関わった「建神論」(God-Building)などについては今後もう少し詳しく調べたいと思っている。
スポンサーサイト
[ 2015/07/25 21:00 ] Russia関係 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。