スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリプル9 裏切りのコード (2016)

原題:Triple 9
監督:John Hillcoat
音楽:Atticus Ross
脚本:Matt Cook
上映時間:115分
出演:Casey Affleck, Chiwetel Ejiofor, Anthony Mackie, Aaron Paul, Norman Reedus, Woody Harrelson and Kate Winslet


暴力と銃弾が支配する社会では人の命はとてつもなく軽い。飛び交う銃弾の前に個々の人生の差異は限りなく小さいが、しかしそれでも個人はその暴力的な社会で自分だけの生を足掻き続けるしかない。
現代のオールスターキャストを使いながら、あえて個々の華やかさを出来る限り押さえつけられて演出されているが、それだけにどこを見ても、たとえ矮小であっても生きようとする反発的な情念のようなものが画面に漂っている。クライムムービー、警察ドラマとしてはオールタイムベストに挙げてもおかしくないほどの出来栄えだった

舞台はアメリカ、ジョージア州アトランタ。そこでは警察官はただ腐敗しているだけでなく、ギャングと手を組み、実際にギャングと行動を共にする者まで現れていた。この映画で登場人物の善悪を決定することに意味はない。殺人課の警官はギャングで、ギャングは中毒になった元警官で、最後の最後まで何を信じていいのかわからない。失敗すれば死ぬし、失敗しなくても死ぬという理不尽さだけが繰り返し立ち上ってくる。

タイトルの「トリプル9(999)」とは、警察の通信コードで、「警官が倒れた。全員現場に急行せよ」を意味する。その場合、しばらくの間警察の関心がそちらに全集中するため、その隙をついて国土安全保障省の施設を襲う、というのが本作のクライマックス。ちなみに本編では「ナイン・ナイン・ナイン」とも一度だけ言っていた。

メインキャラクターを一人に限定出来ないが、まず強盗グループはマイケル、マーカス、フランコ、ラッセル、ゲイブの五人、警察からジェフとクリスの伯父と甥、マフィアからイリーナと、これだけの主要メンバーが目まぐるしく動き回り、それぞれが裏と表の顔を使い分け、観客にとっては一瞬たりとも油断できない超ハイスピードの展開がとても新鮮。キャラクターは多いが、それでいて二時間を切る長さ。アッティカス・ロス(Atticus Ross)によるエレクトロニック系のダークな音楽も、無線のノイズっぽい音を活用しているところなどが非常に効果的。


以下多少のネタバレあり。
スポンサーサイト
[ 2016/07/06 00:00 ] Movies | TB(0) | CM(0)

リリーのすべて (The Danish Girl) (2015)

1920年代に最初期の性別適合手術を受けた実在の人物(ただ世界初ではないらしい)、リリー・エルベの生涯を描いた作品。
これは事実をもとに書かれた原作(この時点で結構脚色がある)を再構成したものなので、色々と実際の話との違いは多いとのこと。
デンマークの自然、フランスの街並み等々、視覚的にも見どころは多いし、エディ・レッドメインとアリシア・ヴィキャンデルの熱演はさすがに圧巻だったが、マティアス・スーナールツも同様にいい存在感。

以下追記↓。
[ 2016/05/18 23:00 ] Movies | TB(0) | CM(0)

「海街Diary」と「マッドマックス Fury Road - 怒りのデス・ロード」

だいぶ前のことになるのですが、その日は二本続けて映画を見ることになりました。「海街Diary是枝裕和)」と「Mad Max: Fury Road (George Miller)」です。比較して記事を書いているのは、偶然同時期に見たという理由だけですが、一つの切り口として。結果的には、最初に見た海街の印象が、マッドマックスを上回ることは無かったのですが、ただし海街もいい映画であり、巨匠の映画でした。
この項ではやや海街に対して厳しいコメントになるかもしれないですが、僕はそのキャリアを通して吉田秋生のファンであることも最初に書いておきます。
[ 2015/10/10 00:00 ] Movies | TB(0) | CM(0)

ニュースメーカーズ(Горячие Новости / Newsmakers) (2009/Russia)

ロシアで制作された映画だが、元は香港の映画「ブレイキング・ニュース」のリメイクである。
元の映画は、今や香港の巨匠、杜琪峰(ジョニー・トー)の作品で、僕自身二番目に見た事もあり、とても思い入れがある。ちなみに初めて見たトー映画は、”ザ・ミッション”であった。大傑作…なのかどうか未だによく分からないが、見た人の心に間違いなく残る。僕はトー監督お得意の「食事シーン」は未だにこの「ブレイキング・ニュース」が最も感動的だと思う。

さて、どういう経緯があったのかは知らないが、ロシアでリメイクされる事になった。
Горячие Новостиというタイトルだが、一つの単語は形容詞で「熱い、熱烈な、短気な、多忙な」等の意味があり、二つ目は、「新しいもの・こと、ニュース」の意。


原題:Горячие Новости
監督:Андерс Банке
製作: Сэм Клебанов, Анна Качко
音楽:Энтони Лледо
脚本:Сэм Клебанов, Александр Лунгин
上映時間:103分
出演:
Андрей Мерзликин
Евгений Цыганов
Мария Машкова
Сергей Гармаш
Максим Коновалов

wikipediaでは、時間が147分と書いてあるが…。エフゲニー・ツィガノフは謎の総突っ込み映画「ラフマニノフ/愛の調べ」で主演していた人。
[ 2015/05/29 00:00 ] Movies | TB(0) | CM(0)

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」公開まで後僅か

ジョニー・トー監督の09年作、日本公開まで後僅かですね。
去年の年末あたりに、劇場公開されるらしいという話は見たような気がします。
どうしても公開が遅れがちになってしまいますが、五月十五日から公開です。
東京は、新宿武蔵野館だけですね。

劇場で監督の作品を見るのは初めてですので、特に楽しみにしております。
恐らく、というか確実に二回か三回は見に行くつもりです(笑)

しかし、タイトル全然違いますね。
辞書で検索してしまいましたが、「復仇」という日本語はあるのですね。
「ヴェンジェンス」とかでもいいじゃないかとは思いましたが。
(そういえば、Yngwie Malmsteenにそんな曲があって、あの時期の王者らしい、中々カッコ良い曲でした)

まぁこの手の映画はちょっと恥ずかしくなるタイトルくらいがちょうどいいのかも…。



公式HPに書かれている取材時の台詞については少し気になるところがあるので、こちらに転載しておきます。

<以下転載>

『この質問に対して私は真剣に答えなければならない。香港が中国に戻って10年以上が経った訳だが、その間映画産業にも少しずつ「大陸」の風が入ってきている。大陸は芸術作品に対する検閲が厳しいので、大陸の資本が香港映画に侵食してくるとなると、それは香港映画の色を損なう結果に繋がると私は信じている。勿論、ハリウッドやヨーロッパなど世界に進出して多くの作品を手掛けたいとは思うし、今回はその第一歩が踏めたという、非常に意味と価値のある作品になっている。しかし、こんな状況下で香港を留守には出来ない。香港を守りながら今までもこれからも、香港を基軸に映画製作を進めて香港映画、アジア映画がより活性化していくための土台作りをする事で、次の若い世代の後押しをしたい。そう、今最も必要なのは映画界の若手の育成だと私は考えている。特にアジアの。』

<以上>

ジョニー・トー最新作 映画「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」公式サイト
http://judan-movie.com/
[ 2010/04/11 16:27 ] Movies | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。